• メインイメージ

こめ屋こめ吉

新鮮、厳選、つきたての米を1合から量り売り。週替わりで産地を楽しめる!?

1

ほんの少し前まで、町内に一軒は必ずあったお米屋さん。 大量販売の波に押されて昔ながらの小売店が姿を消しつつあるなか「味」と「鮮度」を第一に、少量から量り売りしてくれるお店としてつきたて精米の「こめ屋こめ吉」が菱屋町商店街にオープンしました。 経営母体は近江八幡を本拠地とする「株式会社ナカエ」。 各種農業機械の小売・卸販売・修理を手掛ける企業が立ちあげたというお米屋さんとしてはちょっと変わり種のお店です。

店頭では1合から、その場で好みにあわせて「分つき精米」をしてもらえる

店頭では1合から、その場で好みにあわせて「分つき精米」をしてもらえるので「週替わりで違う産地を試してみたい」「玄米は苦手だけど7分づきぐらいにしてほしい」といった細かな要望に応えてくれるほか、「10キロ、5キロの米は重くて…という方がその週食べる分だけを買いに来られます。 これもお年を召した方が多い百町エリアならではでしょうか」と松田さん。 取材中も少量を精米し、自転車や手押し車に笑顔で積み込んでくれる姿が印象的でした。 産地や味についても気軽に相談できる雰囲気なのがうれしいですね。

毎日食べるお米を選ぶ基準は人によってさまざまなもの。

毎日食べるお米を選ぶ基準は人によってさまざまなもの。 あなたは味ですか? それとも産地? 品種? 値段ということもありますよね。 そのなかで最近、米選びのポイントの一つとして注目を集めているのが「食味値」。 ◇アミロース(米の粘りに影響する) ◇タンパク質(窒素肥料の多寡にも影響される) ◇水分(食味を左右する主要素) ◇脂肪酸化度(古い米ほど酸化が進む) これらを100点満点で数値化して評価するもので、標準で60~65点、新潟魚沼など特A地といわれる産地のコシヒカリだと90点以上のもあるとか。 食味値は、精米した時点で急速に低下するため、いくら農家が土壌改良や肥料の工夫をしても、精米後の保管期間が長ければそれらが消費者に上手く伝わりません。 長年、全国の生産地をまわり、熱意ある生産者とも交流してきた中江社長にとって現在の流通のスタイルはもどかしさを感じずにはいられなかったといいます。 こめ屋こめ吉が「つきたて」と「対面販売」にこだわるのはまさにそこが原点。 「正直、利益度外視なんですよ(笑)。この店の使命は米を売ることではなく、生産者の思いを暮らしのなかに生かしてもらうことでこの国の農業をほんの少しでも変えていくことなんです」と中江社長。 ここは作り手と買い手が本当の意味で出会う場なんですね。

店舗情報

店舗名 こめ屋こめ吉
定休日・営業時間 水曜・日曜定休 ※第3日曜営業
10時30分~17時
住所 〒520-0046  大津市長等2丁目10-8
電話 077-511-9933
事業内容 (株式会社ナカエ 近江八幡市馬淵町633-1 0748-37-0373)

お店レポート

Copyright © 株式会社 百町物語 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
S